テント倉庫もオプション次第で本格化が可能!オプションのバリエーションを知ろう!

テント倉庫もオプション次第で本格化が可能!オプションのバリエーションを知ろう!

テント倉庫の目的やニーズに合ったオプション選択を!

テント倉庫の設置にあたっては、通常の建築方法による倉庫の場合と比べ、簡単でスピーディーそして低コストで建てることが可能です。また一口にテント倉庫といっても、一般的な固定式をはじめ伸縮式や移動式、さらに固定式の中にも閉鎖型や上屋型など、幅広く多種多様なタイプがそろいます。それにともないオプションのバリエーションも豊富なので、テント倉庫の目的やニーズに合わせて選択すれば、本格的な倉庫に仕上げることも期待できます。

倉庫の出入口は重要!オプションで最適な扉を選ぼう!

どのタイプの倉庫であっても、人の出入りや物品の搬出入には、出入口が必要不可欠。それだけ重要な箇所なので、テント倉庫の出入口にも最適な扉を選ぶことが求められます。例えば頻繁に人や物が出入りする倉庫ならば、片手でも簡単に開閉できる、軽量の両引き戸タイプが最適。またフォークリフトなど大型搬送機の出入りを想定するなら、大きな開口部に対応したカーテン扉が理想です。さらに貴重品を保管するような倉庫の場合、頑丈で防犯性に優れるシャッター扉を設置することも、オプションで考えるべきでしょう。

ひさしや雨どいで作業現場の品質や快適性をキープ!

テント倉庫の中には傷みやすい食品を扱っていたり、破損しやすい精密機器の保管を目的とするなど、慎重かつ細心の注意を払うべきケースもあるはずです。そんなテント倉庫には、オプションでひさしや雨どいの設置も検討しなければなりません。例えばひさしを取り付ければ、風通しを確保しつつ直射日光も回避できるので、食品が腐食するようなリスクの軽減が期待できます。また雨どいを設置すると、雨水が製品へ垂れたり跳ね返るのを防ぐのに役立ちます。まさに精密機器のような繊細な物品を保管するなら、雨どいは必須のオプションと言えるでしょう。

3PLでは依頼主の物流部門の業務全体を担います。全体の戦略・企画・運用を行うため重複コストの削減効果や運送によって生じる温室効果ガス削減の効果が期待できます。

Previous post レンタルオフィスを次の事務所の移転先に!メリットとデメリット、選ぶポイントは?
Next post お得で環境にも優しい!太陽光発電ってどんなもの?